2013年01月10日

第18回 日本の美術 全国選抜作家展 2月9日〜12日 出展いたします

2月9日〜12日 上野の森美術館にて開催の
日本の美術 全国選抜作家展に、作品一点出展いたします。

来場者人気投票もありまして、もしよろしければ、
ぜひ楽しんでご来場いただけましたら幸いです^人^m(_ _)m

======================
第18回 日本の美術 全国選抜作家展
2013年2月9日〜12日 10:00〜17:00

上野の森美術館
http://www.ueno-mori.org/guide.html
※初日のみ12:00から開場 入場無料

nihon01.jpg

nihon02.jpg
======================

9、10、12は時間帯未定なのですが
私も会場にいく予定です^^
タイミングの合う方いらっしゃいましたら
お会いできましたら嬉しいです。

美術館での作品展示は、初めてで、恐縮していますあせあせ(飛び散る汗)

18年続く格調高い展示会なのですが
今年からイラスト分野も新設されたそうで
お声をかけていただきました。
自分には敷居が高く感じますし、
思い切ってのチャレンジですが
いい経験ができたらと思います。

平和を祈って描いた絵を発表します。

人々が争わず、つながり助け合える世界
環境と調和した社会
それが今、実現してなくとも
心の中に静かに描けるということ
一人でも二人でも
響き合えたら最高ですぴかぴか(新しい)

私は、こんな活動しています↓↓
こばやしまりこ facebookページ
http://www.facebook.com/nakayoshi.art
HP
http://www.kobayashi-factory.com/

***

日本の美術に参加しての後日談です。
貴重な経験を、ありがとうございました!

日本の美術 ありがとうございました^^
http://kobayashimariko.seesaa.net/article/322649096.html

18th 日本の美術 受賞作家展
http://kobayashimariko.seesaa.net/article/350773895.html

18th 日本の美術 受賞作家展 ありがとうございました!
http://kobayashimariko.seesaa.net/article/357345286.html

選抜といっても、出展には出展料が必要で、私には、高額でした。
集客力のある方は、個展を開いてもいいのかも。。。

チャレンジでしたが、かけがえない経験ができました。
スタッフさんは、皆さん、親切で丁寧で、ありがたかったです。

私が参加してみて、感じたのは、展示会の性質上
出展は、こういう方に向いているのではないかと思いました。
(あくまで個人的な感想です。。)

お教室の先生等をされていて、生徒さんや一般の方へ発表される方とか。
一般の方をお呼びしやすい会場で、交流しやすかったです。
様々なジャンルのものが展示されていて、来場の方も楽しまれていました。
競争の雰囲気ではないので、皆さん個性的で伸びやかな作品に思いましたし
心地いい交流ができたと感謝しています。

既に制作にゆとりのある方で、優雅な楽しみとしての
発表や、様々なジャンルのアーティストさんとの交流を
楽しんでいらっしゃる感じの方が多かったのかなあ。
実績や人生の軌跡を残されたい方も。

純粋にアートを楽しめる雰囲気があって
お仕事や商談の感じは私はわからなかったのですが。。

アートの業界はわかりませんが、
私は出版業界なので、業界への発信ということでは、
発表の場としては、見本市や商談展などが向いているように思いました。

ジャンルを越えての表現の場としては、
若い人中心のインディーズ感はあるかもしれないのですが
デザフェスとか?

ただ、おそらく年配の方むけのラグジュアリーさや
ホスピタリティは、素敵でした。
優しい方ばかりでしたよ。

私は33歳で、若い方で、
何か突破口が欲しくて、切実なチャレンジでしたが
そういう方は少ないんじゃないかな。。?
自動的に先生と呼ばれるのも、慣れません。。

ただ、何かしらピンと来るものがあった方は
きっとそれが正解なのだろうと思います。
思いもよらないことが起こるのかもしれませんし…^^

わたしは、いろいろな出会いもあり、すごく楽しめましたし、良かったです。
たぶん競争や商談でないからこそ、出会えた自分の表現というか、オリジナルというか
すごく愛しいものに出会えたことは、これからの財産です。
感謝、感謝揺れるハート

***
posted by こば at 11:22| Comment(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: