2014年01月12日

ぼくにわたしにできることに寄せて

bokuniwatashini_H1.jpg

東北の復興応援をテーマに書かせていただいた
「ぼくにわたしにできること」に寄せて
もうちょっと書いてみたくなりました。

「ぼくにわたしにできること」
http://kobayashimariko.seesaa.net/article/383980705.html

さく、というのは恐縮なことで
社長さんの力になりたい思いをお聞きして
書かせていただきました。。

それでも内容には、やはりいろいろ悩むところが多くって。
心を込めた募金だって、大きなところから見たら
効果的なことなのかどうか、もっと他に整えた
方がいいところがあるっていう見方も伺ったりして。

それに、放射能の関係のことまでは
重すぎて、答えもでなくて
扱えてもいないのです。。

この記事も気になります。
「Abita」見ました。
http://ameblo.jp/1357gy/entry-11741633213.html

わからないことばかりだけれど
それでも、できるほんの少しのことでも
心を寄せていけるものができていたら
いいなあと思うけれど。。

わたしにできるのは
ご縁をいただいてはじめて
絵を描くことくらい。

また、曲を、聞いていました。
背中合わせ。



具体策としては
わからないことばかりのなかで
わたしが指針を感じるのは
心を寄せて助け合えることと
環境を自然な成長進化の元に
取り戻していくこと
なんじゃないかなあと
漠然とですが感じます。

土地本来の木を植えること。
を続けていきたいなと思います。
命を守る、森ができるように。

命に即した、人にも全体にも
生きとし生けるものに
優しい社会。。世界。。
posted by こば at 23:06| Comment(0) | 絵本 おはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: