2013年11月13日

愛が全ての人達に分けられてますように…

慌ただしくしてしまして、もう先月のことになっちゃいましたが、
2013.10.24 中村一義さんの中野サンプラザでのワンマンライブ行きましたぴかぴか(新しい)

「天才とは」…で始まりました☆

膨大な数のひとみんなが天才であって創造者なんで…るんるん

10代の頃から聴いていて
年月を経ても、すごい歌だなあと改めて
名曲の数々、心に刻んだのでしたぴかぴか(新しい)

永遠なるもの…凄かったです…ぴかぴか(新しい)
圧倒されました…。
神でしたひらめきぴかぴか(新しい)

会場中ずっとものすごいエネルギーで
言葉にできない…神だな〜と思いましたぴかぴか(新しい)

大好きなお友達のおかげで、なんとお隣で、最前列で、幸運でしたぴかぴか(新しい)
素敵なときを本当にありがとう〜揺れるハート

ついに博愛堂にも入会ですわーい(嬉しい顔)

hakuaidou.jpg

水戸のあのお方ぴかぴか(新しい)晴れにもお会いできて、なんだかいろんなご縁のお話、タイミングに感動ぴかぴか(新しい)たらーっ(汗)

魔法のような、歌の数々でしたるんるん

posted by こば at 17:36| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

まちなかオンリー 横浜BLITS

blits.jpg

中村一義さんと町田昌弘(100s)さんの
トーク&弾き語りライブ まちなかオンリーに行きました^^♪♪

ひよりの子もりもあるし、夜は難しいなあ〜と思って
行きたかったけれど、あきらめていて…
そしたら、おともだちが急遽さそってくれて…^^

感謝☆感謝☆なのです;人;
久しぶりに会えて、嬉しかったな〜るんるん

なんと真ん中の最前列のややまっちぃ側で聴くことができて、感動…ぴかぴか(新しい)
全イス席とかで、ほんと、じっくり聴けたんでするんるん

こんな日がくるなんてぴかぴか(新しい)

歌とアコギ一本での再現でね、感動でしたぴかぴか(新しい)

RO69の記事であったんだけども、観客は
みんな中村一義楽曲を胸に抱いていきてきた
人たちだろうって、そうだなあって思って…。

ジュビリーとかも、すごい幸せでしたるんるん揺れるハート

カバーのコーナーの深夜高速とかも、すごかったでした。

15年くらい、ありがとうと思えた夜でした。

それから、もう会ってから、7〜8年になるのか
一緒にいけたおともだちがずっとまっちい好きなのが何か幸せ揺れるハート

レキシも聴くよ〜るんるん
posted by こば at 22:31| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

歌をつくる意味とか…

「こころや」絵本のテーマ曲
5年ぶりくらいに歌を創ってみました。
本当、下手くそで恥ずかしいんですが…
なんか自分なりに作品に対して
ちょっと前進できたような気も…。

5年前は、小学校の先生をしているお友達から
学芸会の出し物用に、こどもたちの歌う歌の
歌詞をもらって、簡単な曲をつくるみたいな
楽しいこと、させてもらっていましたるんるん
「ギャングこうもりの歌」と「運動会の歌」だったかな。

12年前には、サークルの演奏発表会用に
テーマ曲をつくったりしていました。
それは、何か、コンペみたいなもので
歌つくりたい人が、一人だったり、ユニットだったり
つくって、投票で決めるみたいなもので
3年生のときかな、一人で歌って
テーマ曲に選んでもらったことがありました。
嬉しかった…ぴかぴか(新しい)

去年、後輩に合う機会があって
12年、歌い次がれてきたことを知って
無性に…感動したのでした…。

13年前、20歳のころ
2こ先輩のFさんが曲をつくる人(作詞・作曲・編曲)で
歌を頼まれて、歌った。
そのときも一曲かいて、編曲してもらったのでした。

Fさんの曲と2曲で就職活動の
一環ということで、それが
ソニーミュージックのAnother goal 2000
というオーディションへ応募されました。

1000組以上の応募の中、友人の応援もあって
二次審査通過…最終30組まで残ることができ…
しかし…最終がライブ審査であり、困るわけです。
「ライブなんてやったことないし、無理です。。」
Fさんに何度もそう言ったような記憶が。。
(そもそも打ち込み、宅録でしたし…。)

確かネタとかなら、普段からやってるねということで
Fさんの脚本で小芝居をうってから歌うことになって…。

すごい覚えているのが、当日会場では、
他の参加者さんは、バリバリのバンドの方ばかりで
すごいかっこよくって、本気で…。

あまりに場違いで、逃げたかったなあ。。

だけど、小芝居に爆笑してくれた
女性の審査員の方がいて…
それだけでもう、本当にいい思い出でしたぴかぴか(新しい)

そして、落ちました。

後日、最終ライブ審査を通過した方々のライブが
原宿アストロホールであって、見に行きました。

そこで、初めて最終審査を通過した
スパイパスに出会う。
私が二十歳のとき。

奇しくも、彼らは大学のサークルの友達の
Mっちゃんの友人で。

(個人的には、シブヤーズが格好良すぎたです揺れるハート

当時、将来のこともちゃんとは考えられていなかったと思うけれど
理系だったので漠然と研究者かエンジニアになりたかったと
思っていたと思う。。

それが大学院に進学せずに、
印刷会社さんでプログラマとして就職して。
本当にいろいろ学ばせていただき…。

転機あって、デザイン・イラストに転向しました。

26歳の頃に、Mっちゃんの紹介で
スパイパスのフライヤとかジャケットの
デザイン、担当させてもらうように。
楽しかった。嬉しかった。

28歳のとき、惜しくも解散。
寂しかった。でも残してくれたものが素晴らしかった。

33歳の今、13年くらい、ふと若返りたいと思うときがあります。
5年でも、2年でも、いいから。
できれば、7年くらいは。。
単に若くなりたいとかじゃなくって
もっと選択とか態度を変えたかったとか
何を行動したかとか…そんなところで。

と思っても、あれなので、思いだせ未来。

10y.jpg

33歳の今、また歌をつくってみました。
昨年から、ちょっとずつつくっていたけど
それで歌があって、何になるんだろう、という意味を見いだせずにいて。
自分がわざわざ、やる必要はないようにも思えて。。
(趣味として楽しむだけでも素晴らしいことですが
 趣味に興じられるほどゆとりがない私は
 何かひっかかってしまうのでした。。)

絵本をかいて、おはなしと一緒なら
もしくは、動画までつくるのなら
歌をつくるのも、意味があるような気がする。

世界観が相乗するような気がする。
伝えたいことを切り口を変えて表現できる気がする。

私なりに意味があるように思えたのは
ちょっと進歩です。

今は本当に、視野の狭い
小さな世界のことだけれどたらーっ(汗)

そう思えたのは
仮にもだけど歌がつくれたのは
扇くんのおかげだと
言葉にならないほど
よくわからないほど
感謝しているのです。
posted by こば at 22:20| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする